カニ通販情報サイト『蟹は祭だ!』各社のタラバガニ・ズワイガニ・毛蟹のお取り寄せランキング

松葉がにシーズン開幕! 香住の『遊魚館』でセコガニをがっつり買ってきたぞぉ。

20年以上、雑誌やネットで活動するライター。著書に『旬紀行―「とびきり」を味わうためだけの旅』などがある。

季節外れの同窓会へ、カニ買うために帰省

11月だというのに、中学校の同窓会を開催するという。俺の郷里は兵庫県の但馬地方。松葉ガニの本場である香住や浜坂、柴山などの港が近い。盆正月の帰省シーズンならまだしも、季節外れの同窓会。普通なら「行くのは無理」って感じだけど、11月6日からは松葉がにの漁期が始まっている。というわけで、一泊二日で急遽帰省(実家には一歩も立ち寄らず。。。)してきました。

同窓会の会場になったのはハチ北高原というスキー場のホテル。

IMG_3338

宿に到着していそいそと温泉に入り、湯上がり気分で自分が泊まる部屋の窓から撮った風景がこれ。

見渡す限りの、山、です。

でも、ここから香住までは車で1時間もかからない。

懐かしい旧友たちと痛飲した翌朝、香住までセコガニを買いに行って来ました。

さて、香住のどこで、カニを買う?

香住はそんなに大きな町ではなく、カニを買う店もずらりと並んでいる、ようなわけではないのだが、わざわざ東京から帰省してきたんだし、どこで買うかがまずは最初の迷いどころだった。

今回、候補にした店を紹介しておこう。

宿院商店

宿院商店

まずは、ハチ北から香住に向かう時、国道9号線を右折する交差点にある『宿院商店』さん。

厳密に言えば「香住の店」ではないが、香住に本社や加工場があって、観光客が多い国道9号線(俺が幼い頃から「山陰高速」と呼ばれていた京都から下関まで続く国道)沿いに店を構えている。この「大仏前支店」のほか、30kmほど京都寄りの「はさまじ峠」ってところに、もう少し大きな店がある。

実は、この『宿院商店』では俺のおふくろのおねえさん(つまり、おばちゃん)がずっと働いていて、俺が子どもの頃から食っていたカニは、おおむね宿院商店のカニだった、と思われる。

遊魚館(漁協直売所)

遊魚館(漁協直売所)

2軒目の候補は、松葉ガニが水揚げされる香住漁港の西港岸壁のそばにある『遊魚館』。ここは漁協の直売所。

長男が幼い頃の夏の帰省時は防波堤釣りをしに香住へもよく来たが、冬の香住にはあまり来たことがない。それこそ、何年か前、松葉ガニの取材で香住を訪れたのが、初の冬香住だったと思う。

その取材時は取材ツアーですぐ別の町に回ったのでお土産を買う余裕がなく、『遊魚館』にもまだ行ったことはない。

かすみ朝市センター

かすみ朝市センター

第3の候補が、東港にある『かすみ朝市センター』だ。

地元の業者さんが集まる海産物直売所。品揃えは豊富に違いない。地元の旧友たちも「香住でカニ買うなら『朝市センター』でしょ」と思い込んでいるふしがある。

うむうう。

でもね、俺の長年の取材経験から言うと、こういう、観光バスで乗り付けるような直売所が集まった施設って、今ひとつ満足できないことが多い、傾向がある。

さて。

どうしたものか。

俺が選んだのは『遊魚館』

結論として、俺が選んだのは漁協の直売所である『遊魚館』。

朝だったので店内はまだ空いていた。

朝だったので店内はまだ空いていた。

松葉ガニ

松葉ガニ

紅ズワイガニ(香住がに)

紅ズワイガニ(香住がに)

活け松葉ガニの高級品

活け松葉ガニの高級品

お目当ての、セコガニ!

お目当ての、セコガニ!

宿院商店(朝早過ぎたのか、まだあまりカニが並んでいなかった)のあとでこの遊魚館に立ち寄り、まだ朝市センターは見ていないけど、ざっと店内のカニをチェックして、品物や値段にすんなり納得。朝市センターに行く前に、ここで買うことを決断しました。

お目当てのセコガニのコーナーで、さらに悩んだのが1枚(尾)800円のヤツにするか、3杯(尾)で1500円(つまり1尾500円)のヤツにするかってこと。

1枚800円のヤツ。うまそう!

1枚800円のヤツ。うまそう!

苦肉の策で、店員さんに「この500円のと800円のを5枚ずつ10枚で5000円にしてくれない?」と交渉すると、あっさり「それは無理」という返事。しょうがないから、800円のを10枚、でお願いしました。

新幹線で東京まで今夜持って帰ることを告げ。氷とともに発泡スチロールの箱に詰めてもらってミッション完了。

IMG_3368

うわ、なんか、すげえワクワクする。

早く食いてぇぇぇ!

と焦ってもしょうがないので、この後、朝市センターにも行ってみました。

朝市センター店内風景

朝市センター店内風景

朝市センターでは、上の写真の手前に写っている『コバヤシ水産』という店でかにみそを買いました。

1本800円が3本で2000円。

松葉ガニのタグについてちょっと店の大将と話し込んだ後、迷うことなく「この3本2000円のかにみそちょーだい」とお願いすると、大将も迷うことなく3本のかにみそを入れる袋に、隣にあった岩のりの佃煮(東京でも売ってる安いヤツ、だけど)を、余計なおしゃべりなしにサービスしてくれました。

粋だねぇ、大将!

すでに1本空だけど、あわてて写真撮りました。w

すでに1本空だけど、あわてて写真撮りました。w

遊魚館で買ったセコガニは、大正解!

おまけに、コバヤシ水産のかにみそも、抜群に美味い、っす。

ちなみに、遊魚館で買ったセコガニ。

500円と800円を5枚ずつ10枚で5000円の値切り交渉は決裂しましたが、箱詰めしてくれた店員さんがお金を受け取りつつ「2枚サービスしといたから」と、そっと耳打ちしてくれたのでした。

香住、最高だぜ!

で。

セコガニ食べたレポートは、別記事で書きます。

KANI_V

蟹様なんでも情報の他のストーリー

蟹様おすすめショップ

  • kanihonpo_350_80
    匠本舗【かに本舗】
    ネットショップ大賞で連続1位を獲得するなど定評あるショップ。納得価格で品揃えが豊富! ショップのイチオシでもある大ズワイガニはことにオススメだ。
  • カニの通販!蟹のお取り寄せ!浜海道オンラインショップ
    【カニの浜海道】
    函館の食材卸会社がやってるショップ。地元飲食店に卸してるカニだから、届くヤツも函館品質!
  • 【北海道海鮮工房】
    販売業者の会社を確認すると、2016年に札幌でスタートしたばかりのフレッシュカンパニー。実食の結果おいしかったので一気にランキング入り。
side-title-new
side-title-ninki

総合案内(蟹は祭だ!)

蟹様の常識

カニ通販の必勝ポイント

蟹様実食センター

蟹様辞典

蟹様図鑑

蟹様なんでも情報

2017年6月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930