カニ通販情報サイト『蟹は祭だ!』各社のタラバガニ・ズワイガニ・毛蟹のお取り寄せランキング

活きたまま毛ガニを茹でると脚がバラバラになる、は本当か?

20年以上、雑誌やネットで活動するライター。著書に『旬紀行―「とびきり」を味わうためだけの旅』などがある。

カニの「自切」って知ってる?

カニには「自切」という習性があるのをご存じでしょうか。危険が迫った時、自ら脚やハサミを切り離して逃げようとするんだよね。

なので、活きたカニをそのまま茹でると脚がバラバラになってしまう、と、誰かに聞いたことがあります。

今まで、自分ちで食べるカニは茹でたヤツを買ってくるようにしていて、自分で茹でたことはありません。でも、せっかく『蟹は祭だ!』というカニ情報サイトを始めたのですから、何事も、試してみるしかないでしょう!

届いたばかりの活け毛ガニで、実験!

IMG_2945
実食用に自腹で買った、『北釧水産』の活け毛ガニ(通販ショップへリンク)
おがくずの中で元気に活きていたので、さっそく、実験してみることにしました。

IMG_2950

まずは、塩を準備。水1リットル当たり35gを目安に、70gほどの塩を用意します。
お皿(計量時はもちろん皿の重さを抜いてます)の上にこんもり山盛り。普段の料理ではあまり使うことのない量の塩ですね。
北釧水産の商品に添付されていたパンフレットでは、毛ガニの塩は「水1リットル当たり45g」となってたんだけど、あまりの量にびっくり。そんなに塩辛くなくてもいいよ、ということで、まずは35gで試してみることしました。

IMG_2952

大きめの鍋に2リットルほどの水を入れ、塩を溶かしながら沸かします。

IMG_2957

お湯が沸騰したら、活きたままの毛ガニを投入!

旨味が逃げてしまわないよう、甲羅を下にして投入するのがポイント、らしいです。

IMG_2965

パンフレットによると、500g程度の毛ガニの茹で時間は18分。
ここは、タイマーできっちり時間を計ってアドバイスに従います。

IMG_2974

お湯から脚先が飛び出しがちなので、落とし蓋もしてみました。

IMG_2985

茹であがりました!
流水で粗熱を取ります。

ご覧の通り、脚は無事、です!!

IMG_2987

身から出た白いふにゅふにゅしたヤツが、いい感じで豆腐みたいに固まっていたので味見してみました。

う、美味い!

これはこれで、何か料理に使えそうです。

ともあれ、活きたままの毛ガニ茹では、脚がバラバラになることもなく大成功!

IMG_2990

鮮烈な赤さを帯びて、おいしそうに茹で上がりました。

カニびっくり

ま、結局はバラバラにしちゃうんだけどね。

蟹祭!スタッフが集結しての実食会は翌日の予定だったけど、せっかくなので、茹でたての毛ガニを少しだけいただくことにしました。

IMG_2992

なんだよぉ、結局、脚バラバラにするのかよぉ、と、毛ガニが文句言いそうです。

アマゾンで買ったばかりのカニばさみは快調!
(何種類かのカニばさみテストレポートもアップ予定、す)

IMG_3002

まずまず、きれいにさばけました。

もちろん、美味かったっす!!

沸騰したお湯に投入すれば、大丈夫(たぶん)!

今回、活きたままの毛ガニを茹でたけど、脚はバラバラになりませんでした。

いくつか、その理由としての仮説を挙げておきましょう。

(1)おがくずを落とすために真水で洗った時に少し弱った。
活け毛ガニはおがくずまみれだったので、茹でる前に水道水で洗ったんだけど、その時に、明らかに動きが悪くなったんだよね。鍋投入時もまだ活きてはいたけど、かなりヘロヘロだったから。。。

(2)沸騰したお湯に投入して即死だった。
「ガザミを茹でたらバラバラになった」という経験をもつ蟹祭!CEO(Crab Eating Oyaji)の永江氏によると、その時は鍋の中がまだ水の状態でカニを投入したらしい。今回は、ちんちんに沸騰したお湯に毛ガニを投入。なので、毛ガニ様は自切する間もなく昇天したから。。。

ってのが、脚がバラバラにならなかった理由です、たぶん。

「かにの茹で方」でいろいろ検索すると、活けガニ(種類を問わず)を茹でる時には、真水に10分ほど浸けるなどして締めてから茹でる、のが常道らしいです。

ご参考までに。

ちなみに、今回の『北釧水産』の活け毛ガニ(通販ショップへリンク) には、活けガニを茹でるための塩が同梱されていました。

IMG_3007

ありがたい。

たくさん塩が必要だろうと、カニが届く前に近所のスーパーに走って新しい塩を買ってきてあったんだけど。

IMG_3016

ま、あっても無駄になるものじゃなし。

1kgのパックなので、この塩で、30kgくらいのカニを茹でることができます。ははは。

この蟹様の関連記事

どんなショップか掘ってみた!『北釧水産』編
北釧水産の毛ガニが、届いた!
【カニ通販の通信簿】『北釧水産』「蟹の匠」厳選!「活」毛がに
贅沢簡単レシピ・毛ガニのミニピザ

matome
満点評価!『北釧水産』蟹の匠 厳選「活」毛がに

蟹様辞典の他のストーリー

カニの旨さの根源は何だ??
なぜ、カニは旨いのか? 前回の記事では、カニの美容成分アスタキサンチンについて調べてました。 アスタキサンチンは自然界最強の抗酸化物質と言われており効果がすごかったです! かにを茹で…
Posted on 2015.12.26

蟹様おすすめショップ

  • kanihonpo_350_80
    匠本舗【かに本舗】
    ネットショップ大賞で連続1位を獲得するなど定評あるショップ。納得価格で品揃えが豊富! ショップのイチオシでもある大ズワイガニはことにオススメだ。
  • カニの通販!蟹のお取り寄せ!浜海道オンラインショップ
    【カニの浜海道】
    函館の食材卸会社がやってるショップ。地元飲食店に卸してるカニだから、届くヤツも函館品質!
  • 【北海道海鮮工房】
    販売業者の会社を確認すると、2016年に札幌でスタートしたばかりのフレッシュカンパニー。実食の結果おいしかったので一気にランキング入り。
side-title-new
side-title-ninki

総合案内(蟹は祭だ!)

蟹様の常識

カニ通販の必勝ポイント

蟹様実食センター

蟹様辞典

蟹様図鑑

蟹様なんでも情報

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031