カニ通販情報サイト『蟹は祭だ!』各社のタラバガニ・ズワイガニ・毛蟹のお取り寄せランキング

究極の毛がに甲羅酒! 獺祭&湊屋藤助で飲み比べをしてみて、わかったこと。

20年以上、雑誌やネットで活動するライター。著書に『旬紀行―「とびきり」を味わうためだけの旅』などがある。

おいしい甲羅酒を飲むために、リベンジだぁ

年末、毎日のようにカニを食べ続けたので、まだ記事にしてない実食記などがわらわらとたまってます。年は明けましたが、季節はまだまだ蟹様の旬。ちくちくとアップしていくので、お楽しみください。

さて、以前『かにみそ全部入り! 毛ガニの甲羅酒作りで犯した大失敗とは?』でやらかした大失敗。絶品毛ガニのかにみそとか身をこれでもかとぶち込んだ甲羅酒。ワンカップの日本酒を使ったために、後味が今ひとつになってしまったのでした。

リベンジを誓い、再度『北釧水産』の活け毛ガニ(通販ショップへリンク) を注文しました。

IMG_4189

今回は、活けガニのボイルを2尾。

IMG_4192

立派、です。

IMG_4194

「500g前後」という商品ですが、重さも完璧。

IMG_4211

ざるに入れて並べてみました。麗しい!

IMG_4218

美味そうだぁ!
ま、目とかはちょっとキモいけど、ね。

さあ、いよいよ究極の甲羅酒!

前回の大失敗は、使う日本酒が安物だったこと。なので、今回は俺が大好きな、究極の日本酒を用意しました。

IMG_4257

かたや、山口の旭酒造が誇る『獺祭』。

かたや新潟、白瀧酒造の銘酒『湊屋藤助』。

日本酒ファンなら、ご存じでしょう。どちらも「よ、日本一!」って感じの銘酒です。もちろん純米大吟醸。この2本を選んだのは、あくまでもスッキリした飲み味の『獺祭』と、奥深い香ばしさを感じさせてくれる『湊屋藤助』で、風味の違いを飲み比べたかったから。

ちなみに、『湊屋藤助』は俺が一番大好きな日本酒です。

で。

IMG_4278

身を食べるところはちょいと割愛。甲羅の中に、箸ではすくい取りにくいかにみそが残り、あえて、端っこの身を少し残した状態で、ホットプレートで加熱します。

前回はかにみそを全て、脚の身も入るだけ甲羅に投入して甲羅酒にしましたが、それじゃ「甲羅酒」というよりも「毛ガニの甲羅酒蒸し」みたいになってしまうことを学習したからです。

甲羅酒っていうのは、おいしい毛ガニを楽しんだ最後の仕上げ、甲羅に残ったみそや身を日本酒とともに味わう「余興」のような楽しみなのだと悟りました。

IMG_4282

獺祭と藤助を、こんがらがることがないよう色違いの切り子のぐい呑みに入れてスタンバイ。

IMG_4322

投入!

まだ、ひとくちも飲まないで甲羅に投入したので、思わず「あああ」とため息が漏れてしまいます。早く呑みてぇ!

IMG_4331

あまり沸騰させてしまうとせっかくの獺祭と藤助がもったいないので、くつくつと煮えてきたくらいでOK、ってことにします。

IMG_4335

できあがり!

左が獺祭の甲羅酒。右が湊屋藤助の甲羅酒です。

はい、肝心の飲み比べですね。

まずは、獺祭を、くいっ。

う、美味い!

前回の甲羅酒とはぜんっぜん違います。アルコールは少し飛んでしまいますが、毛ガニのふくよかな風味を、獺祭のきりっとした旨味が包み込み。。やっぱり、獺祭はたいした酒です。

次は、藤助を、くいっ。

うおう、美味い!

風味と旨味が広がったあと、藤助ならではのふくよかな残り香が楽しめます。

なるほどねぇ。

どちらもおいしいけど、俺は、やっぱり藤助が好みかな。

IMG_4338

というわけで、あっという間に両方とも飲み干してしまいました。

甲羅の残骸には、まだ少しみそがへばりついてます。これをまた、洗い流すようにして日本酒を注ぎ、くっと飲み干すのが甲羅酒の醍醐味なんだろうな、と思って酒を注ごうとしたのですが。。。。

あれ。

ダメだ。

もったいなくて注げない。

そうです。せっかくの獺祭と湊屋藤助。やっぱり、甲羅に注いでしまうのは、もったいない。

このあとは、それぞれの酒をぐい呑みに注ぎ、甲羅のみそを箸でかき取り、まだ残っていた脚の身などを肴にして、甲羅酒の余韻を楽しみました。

そうかぁ。

絶品の日本酒で甲羅酒を作れば抜群に美味いけど、おいしい毛ガニと日本酒を別々でちゃんと飲んで食べれば、もっと美味しいってことなんだよねぇ。

というわけで、また一つ賢くなった俺様なのでした。。。

じゃ!

この甲羅酒に使った蟹様

hokusen_ikekegani 『北釧水産』「蟹の匠」厳選!「活」毛がに

蟹様実食センターの他のストーリー

蟹様おすすめショップ

  • kanihonpo_350_80
    匠本舗【かに本舗】
    ネットショップ大賞で連続1位を獲得するなど定評あるショップ。納得価格で品揃えが豊富! ショップのイチオシでもある大ズワイガニはことにオススメだ。
  • カニの通販!蟹のお取り寄せ!浜海道オンラインショップ
    【カニの浜海道】
    函館の食材卸会社がやってるショップ。地元飲食店に卸してるカニだから、届くヤツも函館品質!
  • 【北海道海鮮工房】
    販売業者の会社を確認すると、2016年に札幌でスタートしたばかりのフレッシュカンパニー。実食の結果おいしかったので一気にランキング入り。
side-title-new
side-title-ninki

総合案内(蟹は祭だ!)

蟹様の常識

カニ通販の必勝ポイント

蟹様実食センター

蟹様辞典

蟹様図鑑

蟹様なんでも情報

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031