かに通販情報サイト『蟹は祭だ!』通販のカニを自腹でチェック! 各社のタラバガニ・ズワイガニ・毛ガニの後悔しないお取り寄せランキング

正月は毛がにを奮発。14人前の甲羅盛りを作ってみた。

20年以上、雑誌やネットで活動するライター。著書に『旬紀行―「とびきり」を味わうためだけの旅』などがある。

おいしい毛ガニで新春の食卓を豪勢に飾ろうじゃありませんか!

2017年も残り少なくなってきました。正月の食卓を飾るカニの準備はOKですか?

実食検証主義の『蟹は祭だ!』。先日アップしたおせちの記事もそうですが、実際に食べておいしかった結果を1年後に紹介するという、構想うん年的な、大作映画のような記事が珍しくありません。今回は、毛ガニで正月の食卓を豪勢に飾ってみた、2016年の実食レポートです。

元旦の朝から14人分の毛ガニ甲羅盛りを作ってみた。

毛ガニがドーン! の写真から始めましょう。

我が家では、ご近所でもある妻の実家に大晦日か元旦の夜に、義兄弟家族が集まって祝うのが恒例行事。妻が5人姉弟ということもあり、大家族の宴会になるのです。2016〜2017年の年越しは、元旦に集まることになりました。

集まる人数は5家族で16人(うち幼児が2人)。料理を持ち寄るのも恒例で、我が家からは毛ガニの甲羅盛りを用意する宣言をしてました。取り寄せた通販毛ガニを並べた写真が、これ。僕が1人でさばきます。「大丈夫か、俺?」って感じです。

この毛がにたちを調達したショップは……


『かに本舗』と、


『北海道海鮮工房』です。

全部で12尾。さすがに1尾5000円オーバーの北釧水産の毛ガニを奮発する度胸は絞り出せず、コストパフォーマンスを考えて注文。自分たち夫婦の分は甲羅ではなく、器に盛りつける計画です。

では、いよいよ調理風景です。

ご存じのように毛ガニを捌くときは素手だと危ないので、Amazonで買ったヤマト運輸の肉球軍手を装備しました。

会食は夕方からですが、元旦の午前8時に調理をスタート。

どのくらいで完成できるのか、想像つきません。

全部の蟹を計量しましたが、キリがないので写真は省略。おおむね400〜500gの毛ガニたちです。

解凍を終えた全部の毛ガニを並べると、ちょっと気が遠くなりそうな感じです。

まずは、ばっくりと甲羅を取りました。

カニ味噌たっぷりで、いい感じです。

ひとまず脚は付けたまま、肩の身を左右半分に割り、身に付いたカニ味噌をかき集めます。

甲羅と脚&肩の身、カニ味噌の仕分けが完了しました。ここまでの所要時間は45分ほど。なかなか順調ですが、大変なのはここからです。

ちなみに、カニ味噌は「味噌だけのピュアなヤツ」と「少し身が混じったヤツ」の2種類に分けておきました。身が混じったヤツは甲羅の中に敷き詰めて、ピュアなヤツを甲羅盛りの上に載せる計画です。

ピュアなヤツを一気飲みしたい衝動にかられますが、もちろん我慢しておきました。さすがに、一気飲みはコレステロールとか山盛りで体にも悪そうだし。w

続いて、脚、爪、肩の身に切り分けました。

ぷはーっ!

肩の身だけをボウルに集めます。

カニばさみを駆使して、大きな脚の身、小さな脚の身、細い脚から掻き出した身に分類。

さすがに大変な作業で、この写真を撮った時間は昼食を挟んで14時過ぎ。たっぷり4時間くらいかかりました。作業に没頭していたのと、軍手を外すのが面倒だったので、細かい作業工程の写真を撮るのも忘れてました。ま、いいよね。

さあ、盛りつけましょう!

ひと休みして、14時38分、盛りつけ開始!

甲羅の中に、カニ味噌の「少し身が混じったヤツ」を敷きます。

肩の身を詰めて……。

さらに、「細い脚から掻き出した身」を詰め込み……。

脚の身をたっぷり載せたら、できあがり!

盛りつけの所要時間は30分弱、でした。

うーん、なかなか上出来です。

食べる直前にかける「ピュアなカニ味噌」は、ラップして持参。

こんな感じになりました。

伊達巻きや田作り、黒豆やきんとんも義母を中心とした家族みんなの手作りです。

非の打ちどころなく あけおめ! って感じです。

カニ味噌がちょっと懐紙に垂れたのは、ま、ご愛敬ってことで。

今年の毛ガニのオススメは?

豪勢な毛ガニの甲羅盛りで新年祝い、みなさんもぜひ。

ひと家族、3〜5人前くらいが、作るには無難かとは思うけど。w

ところで、今年の年末年始。どうやら北海道の毛がにがやや品薄で、高め相場になっているようです。おすすめショップで、比較的お値頃な毛ガニを探してみました。


『カニの浜海道』

まずは『カニの浜海道』の、「雄武産!浜ゆで毛がに(大)5尾入」。
定評ある雄武産毛ガニ。500gほどのヤツが5尾入りで1万9800円。1尾当たり4000円弱。2万円以上の買い物になると1200円の送料が無料になるので、イクラやホタテとか、品揃え豊富な北海道の海産物をまとめ買いするのもいいですね。


かに本舗(匠本舗)

続いて、かに本舗の「北海道浜茹で毛がに姿約1.1kg(3杯)」。

400gくらいのヤツが3尾で8900円。1尾3000円くらいです。

去年、僕はかに本舗で「北海道浜茹で毛がに姿 約4kg (8~9杯)」ってヤツを買ったんだけど、今年は品薄で在庫切れ、みたいです。

『北海道海鮮工房』にも、400〜500gが3尾で1万1000円っていうのがあります。

冷凍だけど、実食確認済みの毛ガニたちなので、オススメです。

毛ガニ甲羅盛りで、幸せな正月を迎えてくださいね!

じゃ!

カニ通販の必勝ポイントの他のストーリー

今からでも年末年始に間に合うカニ情報!
12月28日20:59までに注文すれば。。。 2015年12月、この『蟹祭!』でかに通販ショップの実食検証を始めた頃に、とても感心することになった「かに本舗」のマメな仕事ぶり。懐かしく記事を読み…
Posted on 2017.12.27

蟹様おすすめショップ

  • 【かに本舗(匠本舗)】
    ネットショップ大賞で連続1位を獲得するなど定評あるショップ。納得価格で品揃えが豊富! ショップのイチオシでもある大ズワイガニはことにオススメだ。
  • 【北釧水産】
    釧路港のすぐ近くでやってるショップ。開店からの歴史も長く、何種類か食べてハズレなし!
  • カニの通販!蟹のお取り寄せ!浜海道オンラインショップ
    【カニの浜海道】
    函館の食材卸会社がやってるショップ。地元飲食店に卸してるカニだから、届くヤツも函館品質!
  • 【北海道海鮮工房】
    販売業者の会社を確認すると、2016年に札幌でスタートしたばかりのフレッシュカンパニー。実食の結果おいしかったので一気にランキング入り。
  • 【かにまみれ】
    札幌に拠点を置くショップ。ユーザーからの要望で改善した内容をサイトでレポートするなど誠実!
side-title-new
side-title-ninki

総合案内(蟹は祭だ!)

蟹様の常識

カニ通販の必勝ポイント

蟹様実食センター

蟹様辞典

蟹様図鑑

蟹様なんでも情報