かに通販情報サイト『蟹は祭だ!』通販のカニを自腹でチェック! 各社のタラバガニ・ズワイガニ・毛ガニの後悔しないお取り寄せランキング

かに通販のおすすめショップ「今年はどうだ?」2017-2018/かに親分 編

20年以上、雑誌やネットで活動するライター。著書に『旬紀行―「とびきり」を味わうためだけの旅』などがある。

シーズンごとに、実食確認を実践します!

蟹祭! おすすめのかに通販ショップ実食確認レポート。第二弾は知床・羅臼に拠点をもつ『かに親分』です。

このショップ。2015年に蟹祭! がスタートした当初は『突撃! 隣の晩ごはん』で庶民家庭のグルメレポーター的存在感を確立したヨネスケ師匠を広告キャラに起用して、なかなかあっぱれなカニを届けてくれてました。

どんなショップか掘ってみた!『かに親分』編

Yahoo! ショッピングにも出店してて、中の人の知り合いから「あのショップはすごいよぉ」とウワサも聞いていたのですが。。。

去年あたり、ロシアからのカニ輸入制限などの影響なのか、しばらくショップがクローズ状態になっていて、いったんショップサイトへのリンクも蟹祭! 記事からは削除してたんだよね。

でも、今シーズン、かに通販ショップを徘徊してたら、復活しているのを発見しました。

●『かに親分』のサイトはこちら。

「知床羅臼がに」ってヤツを実食してみました。

さっそく、実食確認してみました。買ったのは、コレ。

金賞受賞知床羅臼がに(国産本ずわいがに)姿1.5kg(3-4尾) 12,800円

クール宅急便で届きました。ワレモノ注意扱いです。w

フタを開けると、解凍方法を説明するお手紙が。わりとあっさりした梱包です。

プチプチを開封すると、こんな感じで本ズワイガニ=知床羅臼がにが4尾。どっちでもいいことですが、カニ通販実食やってると、発泡スチロールの箱と輪ゴムが溜まります。。。

愛用のざるを載せてはかりを調整して。。。

計量!

3〜4尾で1.5kgというカニ様ですが、1尾が400〜500gでした。合計で1.8kgくらい。解凍前重量としては良心的な数値です。

せっかくなので、4尾まとめて整列させてみました。

金文字のタグが誇らしげに輝いています。本ズワイの通販で失敗する時は、この時点で「あれぇ?」っていう期待外れ感が漂ったりすることもあるんですが、こいつらはなかなかいい感じですね。

本ズワイの「姿」だもの、そのまま食らいました!

その夜、さっそく解凍。

解凍前に500gちょうどだったヤツが、440gになってました。マイナス60g。ということは、1.8kgー60g×4で、解凍後の賞味重量は約1.5kg。適正ですね。

一尾だけ、脚が一本欠けてたのはちょっと残念。

でも、このカニも味はよかったし、4尾で12,800円=1尾3,200円なので、許容範囲です。

というわけで、姿の本ズワイガニ。ここはやっぱり、解凍してそのまま豪快に食べることにしました。一本目の脚の身。ぷりっぷりです。

胴体の中身もフレッシュです。

カニ味噌も、おいしゅうございました。

ひとつだけ、気になったのが。。。。

脚の毛!

写真では少しわかりにくいかも知れないけど、殻に唇が当たると「ふわっ」と感じるくらい、けっこうみっしり生えてます。今まで、本ズワイで毛を感じたことはなかったように思うんですが。。

半島の裏っかわには流氷も迫る羅臼産。寒さに耐えるための毛、なのでしょうか。

謎だぁ。と、「ズワイガニ 脚の毛」でググってみたら、このサイトの『上海ガニも親戚のモクズガニについて語ってみるぜ』という永江さんが書いた記事がトップでヒットしました。ズワイがにじゃなくてモズクガニの記事だし、どこを探しても「脚の毛」なんてワードはないのに。。。「ブルーザー・ブロディの履いてたムフムフのブーツ」に反応したんでしょうか。これも謎です。www

ま、なにはともあれ、かに親分の知床羅臼ガニ。

合格です。

このカニ様。「漁期が4月~7月と11月~12月と短いために非常に貴重な北海道産の本ずわいがに」とのこと。日本海産の越前ガニや松葉ガニと比べると、とってもお買い得な国産本ズワイガニともいえます。

お試しあれ!

2017-2018 シーズンの「実食確認」レポート!

第1弾●かに本舗(匠本舗)編
第2弾●かに親分 編
第3弾●浜海道 編
第4弾●北海道海鮮工房 編
第5弾●かにまみれ 編
第6弾●北釧水産 編

蟹様実食センターの他のストーリー

蟹様おすすめショップ

  • 【かに本舗(匠本舗)】
    ネットショップ大賞で連続1位を獲得するなど定評あるショップ。納得価格で品揃えが豊富! ショップのイチオシでもある大ズワイガニはことにオススメだ。
  • 【北釧水産】
    釧路港のすぐ近くでやってるショップ。開店からの歴史も長く、何種類か食べてハズレなし!
  • カニの通販!蟹のお取り寄せ!浜海道オンラインショップ
    【カニの浜海道】
    函館の食材卸会社がやってるショップ。地元飲食店に卸してるカニだから、届くヤツも函館品質!
  • 【北海道海鮮工房】
    販売業者の会社を確認すると、2016年に札幌でスタートしたばかりのフレッシュカンパニー。実食の結果おいしかったので一気にランキング入り。
  • 【かにまみれ】
    札幌に拠点を置くショップ。ユーザーからの要望で改善した内容をサイトでレポートするなど誠実!
side-title-new
side-title-ninki

総合案内(蟹は祭だ!)

蟹様の常識

カニ通販の必勝ポイント

蟹様実食センター

蟹様辞典

蟹様図鑑

蟹様なんでも情報

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930